Governance

Corporate Governance

当社では、経営の透明性を高め、監督機能の強化と意思決定の迅速化を図り、コンプライアンスを確保することをコーポレート・ガバナンス上の最重要課題と位置づけており、コーポレート・ガバナンス体制の強化・充実を推進することにより、企業価値の向上を目指してります。

コーポレートガバナンス体制
当社は監査役会設置会社です。取締役会と監査役・監査役会を中心としたコーポレートガバナンス体制を構築しております。
取締役
6名のうち2名を独立社外取締役とすることで、経営に多様な視点を取り入れるとともに、取締役の相互監視機能を強化しております。
監査役
3名(うち2名は独立社外監査役)が、取締役の業務執行状況についての監査を行うとともに、定期的に社外取締役との意見交換、内部監査室との共同監査や監査結果の共有、監査法人との打ち合わせ等を通して業務執行の適正性、健全性をより詳細に検証しております。
内部監査室
監査活動を通して当社の経営における業務遂行の状況を合法性と合理性の観点から検討・評価しております。加えて、内部統制システムの有効性評価を行っております。
経営諮問委員会
当社の経営の透明性の確保に資することを目的として、代表取締役社長及び社外取締役(2名以上、過半数)で構成される経営諮問委員会を設置しております。取締役及び執行役員等が受ける報酬等の内容及びその決定方針、取締役及び監査役候補者の指名方針並びに執行役員の選任方針等について、審議・答申しております。

体制図など、その他コーポレートガバナンスに関する事項は「コーポレートガバナンス報告書」をご覧ください。

コーポレートガバナンス報告書 PDF