コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方

当社では、経営の透明性を高め、監督機能の強化と意思決定の迅速化を図り、コンプライアンスを確保することをコーポレート・ガバナンス上の最重要課題と位置づけており、コーポレート・ガバナンス体制の強化・充実を推進することにより、企業価値の向上を目指しております。

コーポレートガバナンス報告書(PDF)

コンプライアンス確保の取組みについて

当社は、法令及び契約を遵守し、高い倫理観を持って事業活動を行うことを目的として、以下のコンプライアンスポリシーを表明します。当社に就業する全ての者は、本ポリシーに基づき行動し、様々なステークホルダーの信頼に応えるべく不断の努力をするとともに、以下の取組みによって、より高いコンプライアンスが確保されるよう努めております。

コンプライアンス基本方針

  • ・原則として四半期に1回、コンプライアンス推進委員会にて、各事業本部におけるリスクの洗出しや、リスク管理に関する対応状況の報告を指示するなど、リスクの把握に努めております。
  • ・経営上の重大なリスクへの対応方針、その他リスク管理の観点から重要な事項については、各種会議において十分な審議を行う他、特に重要なものについては取締役会において報告し、必要に応じて適切な対応を実施しております。
  • ・事業活動上の重大な事態が発生した場合には、コンプライアンス推進委員会を臨時で開催し迅速な対応を行うことで、被害及び損失の拡大を防止し、これを最小限にとどめる為の体制を整備することとしております。

個人情報の取り扱いについて

当社は、個人情報保護は極めて重要なことであると考えております。当社における個人情報のお取扱いについてご案内します。

個人情報保護基本方針

情報セキュリティ確保の取組みについて

当社は、クライアントの持続的な発展に貢献し続けていくためには、情報セキュリティに関する高い企業モラルを堅持し、クライアントの情報資産をあらゆる脅威から保護することが重要な課題であると考えております。そこで当社では、情報資産の適切な保護を徹底するため、情報セキュリティ基本方針を定めるとともに、以下の取組みにより、情報セキュリティの確保に努めております。

情報セキュリティ基本方針

  • ・当社は情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格(ISO/IEC27001)に準ずる情報セキュリティ管理体制を整備しております。
  • ・当社が所管する情報システムに対して、リスクに応じた安全対策を講じております。特に機密情報(会社情報、顧客情報、個人情報等)を取り扱う情報システムは、定期的な脆弱性診断を実施し、内在するリスクを洗い出し、システム改修を含む対応により、堅牢なシステムを維持しております。
  • ・業務用PCに関して、外部記憶媒体の使用の制限や、業務上必要のないWebサイトへのアクセスを禁止する等の取組みを実施し、機密情報の漏洩等の防止に努めております。
  • ・全従業員に対して、入社時及び年に2度の情報セキュリティ研修を実施し、当社従業員として遵守すべき規程等の周知徹底を図っております。

反社会的勢力に対する基本方針

株式会社ベイカレント・コンサルティングは社会的責任ある企業として、暴力団を始めとする反社会的勢力による被害を防止するため、以下の基本方針を定めこれを遵守するものとします。

反社会的勢力に対する基本方針

PAGE TOP