当社のコアビジネスであるコンサルティングサービスが成長を続けるためには、社会全体が持続的かつ順調に発展すること、また、そのベースとなる地球環境の健全な保持は必要不可欠と考えております。

当社は、SDGsは経済・社会・環境3つの側面を有しているものであると考えており、これらの3つの要素の相互関連性を意識して、国連の目指す持続可能な開発目標を達成するための取組みを実施しております。

当社では特に、次世代育成・介護支援、働き方改革の実現、ダイバーシティ、ハラスメントの防止への取組みを通じて、SDGsの定める17のゴールに対して取り組んでいる他、「人権」・「労働」・「環境」・「腐敗防止」の 4 分野からなる「国連グローバル・コンパクト 10原則」を支持し、持続可能な社会を実現するための取組みを積極的に推進してまいります。
※SDGsとは:2015年9月の国連総会で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年の15年間の国際目標であり、17の目標と169のターゲットから構成されています。
※国連グローバル・コンパクトとは:1999 年の世界経済フォーラム(ダボス会議)で、当時のコフィー・アナン国連事務総長が提唱し、2000 年に正式に発足しました。現在では、世界約 160 ヵ国で 1 万 3,000 を超える団体が署名し、「人権」・「労働」・「環境」・「腐敗防止」の 4 分野において「国連グローバル・コンパクト 10 原則」を軸に活動を展開しています。
PAGE TOP