木田川 朋彦
Tomohiko Kitagawa

東京大学 文学部を卒業後、2020年度入社。
石油業界において、基幹システムとなるソフトウェア導入プロジェクトの管理・運用といったマネジメント業務に従事。

大学3年時の年末に、学内で行われた座談会でベイカレントと初めて出会いました。コンサルティングという業界に興味はあったものの、個人主義・成果主義で優秀な方が多い一方、我が強くやや高圧的な方が多いイメージがあり、少し敬遠していました。 しかし、座談会で出会ったベイカレントの社員の方は物腰が柔らかく、学生であった自分達にとても丁寧な対応をされていました。同時に、学生の曖昧な質問に対して端的かつ的確に答え、人間的な魅力と明晰さを兼ね備えていると感じ、ベイカレントに興味を持ちました。 この印象は選考を通して出会う全ての社員の方に共通していました。さらに皆さんが自らの仕事に対し自信を持って「充実し、楽しい」と仰る姿に、自分も入社したいという気持ちを強めました。

現在は、大手石油会社のプロジェクトに参画しています。同じチームの上司の方々は新卒の自分に対し真摯に向き合ってくださり、成果物に対しどうすればより良くなるのか的確な意見をくださります。日々の意見や指摘という小さな課題と優秀な上司という長期的な目標が身近にあり、成長しやすい恵まれた環境であると思います。 現在のプロジェクトは規模の大きく、クライアント以外の協力会社の方たちを含め多くの人と関わりがあります。その中で円滑にプロジェクトを進める要として、コンサルタントは様々な人と適切かつ良好な関係を築く能力が重要であると感じています。論理的思考力に加え、素早く関係を築き、様々な意見・考えをまとめ、納得していただけるように伝える高い対人能力が求められると感じています。この能力こそが前述したベイカレントの社員の方々の人間的魅力の源泉なのだと思います。この環境で働くことを通じて、私自身も人として成長することができると思います。

今後も必要とされる人材であり続けるために、将来的に求められる力を意識しながら業務を遂行することが大切だと思います。職位に求められる仕事だけに満足することなく、上司の仕事も自分がやらせてもらうことで、どんなプロジェクトでも活躍する人材に成長することができると考えています。上司の方々から多くを学びながら今後も充実した日々を過ごしていきたいです。

社員紹介一覧へ
PAGE TOP