佐藤 慶太
Keita Sato

中央大学 法学部を卒業後、2015年度入社。
エネルギー、広告/メディア、物流、保険業界において、新規事業立ち上げ、デジタル化戦略、営業/マーケティングの高度化、業務改革など様々なクライアント企業の課題に対して幅広く支援。

入社以降、新規事業立ち上げ、デジタル化戦略、業務改革など幅広いプロジェクトに従事してきました。その中で、私が最もやりがいを感じるのは、クライアントとともにプロジェクトのゴールに辿り着く瞬間です。コンサルタントの仕事は、クライアントから求められるレベルが高く、常にプレッシャーと隣り合わせです。うまくいくことばかりではなく、時にはクライアントから厳しいお言葉を頂くこともあります。しかしながら、そのようにクライアントもベイカレントも本気で取り組む“真剣勝負”だからこそ、共通のゴールに辿りついたときの喜びは大きく、“頑張ってよかった”と強く感じることができます。そんな、チームスポーツと同様の達成感を味わえるのが、この仕事の醍醐味だと思っております。

学生の方とお話しすると、「コンサルってドライな方が多いですか?」とよく聞かれることがありますが、ベイカレントには、厳しくも暖かい上司・先輩が多いと思います。私が若手の頃、少し背伸びしないと届かない高い目標を設定し、「まずは一人でやってみな」と仕事を任せていただいたことで、失敗を繰り返しながらも成長することができたと思っております。時には厳しくもありましたが、今思えば部下の成長を思うが故の叱咤激励であり、失敗を恐れずチャレンジすることの大切さを教えていただいたことは、今でもとても感謝しています。プライベートでも、休日にサーフィンに出掛けたり、サッカーをしたりと、年次に関係なく交流があるのも楽しみの一つであり、そんなアットホームな人間関係もベイカレントの魅力だと思っております。

入社してから約6年となり、コンサルタントとしてクライアント支援のみならず、学生の皆さんとの面接や社内研修などを担当する機会も増えてきました。1人のコンサルタントとしてレベルアップし、信頼されるコンサルタントを目指していくと同時に、今後は"人間力"を磨き、年次関係なく、一緒に働きたいと思ってもらえる仲間を増やしていきたいと思っております。そして、どんな時でも自分らしさや仕事を楽しむことを大切にしながら、クライアントとベイカレント両者の成長に貢献できるよう、日々尽力してきたいと考えております。

社員紹介一覧へ
PAGE TOP