辻山 夏海
Natsumi Tsujiyama

明治学院大学 法学部を卒業後、専門商社を経て、2015年度入社。
損保/生保/銀行などの金融業界において、新規事業立案、デジタル化戦略、業務設計など幅広いテーマを支援。

大学時代、飲食店で働いていた経験から食に関わる仕事がしたいと思い、食料品を扱っている専門商社へ入社しました。しかし、入社から2年ほど経った頃、成長実感がなくなってしまい、限られた業界に留まっているのではなく、より大きな仕事に挑戦したいという気持ちが強くなり、転職する事にしました。転職の軸としていたのは、短期間で成長できる環境であること。そんな時、縁あって選考を受けたのがベイカレントでした。正直、転職を決めた際はコンサルティング業界を全く視野に入れていませんでしたが、短期間で様々な経験ができ、常に成果を追い求める環境であることを知り、私の軸と一致していると強く実感し入社を決めました。

ベイカレントには、新卒で入社した方だけでなく、他のコンサルティングファームや他業界から転職してきた方など、多様なバックグラウンドの社員が在籍しています。バックグラウンドが多様な分、仕事のスタイルも異なり、そんな先輩や上司と共に働くことで様々な視点を持つことができます。逆に、共通していると感じる部分は、クライアントの期待を超えることに一生懸命な点です。常に、クライアントのために何をすべきか、より良くするためにはどうすれば良いかという視点で、クライアントにとってのベイカレントの価値をもっと高めていきたいと考えています。

今後は、コンサルティング業界は女性が働きやすく、活躍できる環境であるという事を証明していきたいです。入社前は、コンサルティング業界は男性の割合が多く、女性の働きやすさについて多少の不安がありました。しかし、実際働いてみると、女性だからといって仕事の内容が変わるわけではなく、クライアントに対して高い付加価値が提供できれば高く評価される、非常に働きやすい環境であると感じています。私も短期間で確実に付加価値を提供できる実力をさらに高め、自分自身が活躍することで女性が働きやすい環境である事を証明していきたいです。

社員紹介一覧へ
PAGE TOP