宮下 耕平
Kohei Miyashita

東京大学 経済学部を卒業後、2018年度入社。
情報通信、製薬、証券業界において、新規事業立ち上げ、チェンジマネジメント、RPAロボ開発といった課題に従事。

「バックグラウンドが異なる人たちがチームとなり、クライアントの課題を解決する」
学生だった当時の私は、そんな「かっこいい」働き方ができる場を探して就職活動を進めていました。そんな時に、ベイカレントと出会うことになります。国籍、経験も違うコンサルタントが、クライアントとの密なコミュニケーションを大切にし、クライアントの課題を解決する、そんなハンズオン型のプロジェクトの進め方をするコンサルティング会社は、まさに私の求めていたものでした。ここなら、夢である「かっこいい」働き方ができるかもしれない、そう考えた私は、ベイカレントへの入社を決めました。

入社して3年が経とうとしていますが、求めていたプロジェクトの進め方ができ、非常に充実しています。例えば、5Gを活用した新規ソリューション立ち上げの支援をさせていただいた際は、販売戦略を含めた事業戦略策定だけではなく、実際に戦略を実行に移す際に必要な新規部署立上げや業務フロー整理、ベンダー調整まで支援させていただきました。実際にクライアントと席を並べながらプロジェクトを進めたことで、クライアントファーストな戦略策定や組織立ち上げが可能になったと考えています。

ベイカレントには「クライアントに寄り添えるコンサルタント」に成長することができる環境があります。コンサルタントとして必要なロジカルシンキングのスキルが伸びるのは当然ですが、ベイカレントの特長であり強みであるハンズオン型の支援を経験することで、クライアントのニーズをより的確に把握し、期待を超えるご支援をするのに必要な「コミュニケーション能力」が身につきます。クライアントのニーズに応えられる、つまりは寄り添えるコンサルタントに必要なスキル全般を身につけることができる環境がベイカレントにはあると思います。入社された皆様が、そのような環境で成長され、一緒に働けることを楽しみにしています。

社員紹介一覧へ
PAGE TOP