澤田 健太
Kenta Sawada

一橋大学 経済学部を卒業後、メガバンクを経て2014年度入社。
銀行、消費財、エネルギー業界などにおいて、主にデジタル領域を中心に、デジタル化戦略立案、マーケティング/営業戦略立案、海外スタートアップとの協業交渉、オペレーション改革など様々なクライアント企業の課題に対して幅広く支援。

銀行を経て入社して以来、幅広い業界に対して、デジタル化戦略、マーケティング、サービス企画など、様々なプロジェクトに参画してきました。メンバーの立場では、多くのことを経験できたと思っていた3~4年目のタイミングで、海外スタートアップとの協業交渉のプロジェクトを主として担当する機会をいただきました。クライアント役員と交渉戦略を議論し、最後には実際に米国現地に赴き、クライアントとともに交渉を実施しました。グローバルの最先端を行く企業との真剣勝負は、予期しない出来事もたくさん起き、悩みながら奔走する日々でしたが、同時に、クライアントと真に一体となって一緒に汗を流すことのできたとてもやりがいのある充実した日々でもありました。

若くから、このような恵まれた環境で仕事ができることは、ベイカレントならではの良さだと感じています。ベイカレントでは、努力し結果を残せば、年齢を問わず評価され、早くから裁量の大きな仕事をするチャンスがあります。また、クライアントやプロジェクトの品質向上のためであれば、こんなことをやってみたい!という提案に対しても、まずはやってみなさいと言ってくれる、器の大きな会社です。実際に、語学やデータサイエンスの自己研鑽に始まり、グローバル化に向けた取り組みなど、様々なチャンスを頂いています。ベイカレントのこうした環境や風土があるからこそ、日々前向きな充実した気持ちで、働くことができていると感じています。

入社以来、環境にも恵まれ、緊張感のある充実した日々を駆け抜けてきました。今後もこのような恵まれた環境に感謝しつつ、コンサルタントとしての自分自身の能力に加え、人間としての魅力を磨いていきたいと考えています。そして、ベイカレントの価値やブランドをさらに向上できるよう、グローバルやデジタルといった分野で、クライアントとともに、社会にインパクトを残せるようなプロジェクトを進めていけたらと考えています。そのためにも、日々の仕事で真にクライアントに貢献できるよう精進していきたいと思います。

社員紹介一覧へ
PAGE TOP