高木 翔平
Shohei Takagi

東京大学 工学部を卒業後、官公庁を経て、2017年度入社。
通信/ハイテク、エネルギー、小売業界などにおいて、全社/事業戦略、ブランド戦略、新規事業立ち上げ、M&Aアライアンス、デジタル戦略・DX推進など様々なクライアント企業の課題に対して幅広く支援。

私は昔から広く公にインパクトを与える仕事をしたいと考えていました。ファーストキャリアとして国家公務員を選んだのも、法令の制定・施行、施策の立案・施行といった形で、国全体に影響を与えられると考えたからです。充実した社会人生活を送ることができていた一方、やはりビジネスへの思いも断ち切れませんでした。そんな時、ベイカレントの話を聞く機会があり、この業界・会社であればビジネスの世界でも当初の仕事観を叶えることができるのではないかと感じました。すなわち、コンサルティングを通じて、クライアント企業、その顧客、ひいては経済・社会全体にインパクトを与えることができるということです。そのためにはビジネスパーソン、コンサルタントとして一流に成長できる環境と機会が必要であり、私の場合はベイカレントでした。

ベイカレントの良さはまず人を大切にする文化が根付いていることだと思います。日々の仕事の中で、社員が互いに尊重しあっていると感じます。例えば、プロジェクトの中でモチベーションを高めかつパフォーマンスを発揮するためにはどうすべきであるか、同僚が都度相談に乗ってくれます。もう一点は、多くの機会に恵まれていることです。インダストリーカットをしていないからこそ、様々な業界の実態・知見に触れるチャンスがあり、業界を跨いだ“共通知”を得られていると感じています。また、プロジェクト内では、若手であっても、実力に応じて裁量を与えてもらえ、成長の場を沢山いただけます。こういった環境と機会は実際に入社してみて、想像以上のものであったと感じています。

今後は、この整った環境・機会の中でいかにそれらを活かし、自分を高めることができるかが肝であると考えています。そのためには自分と真正面に向き合い、何事にも果敢に取り組んでいく必要があります。幸い、自分のバックグラウンド、能力、ポテンシャルなどを多角的に捉えるにあたり、理想となる先輩社員も多くいますし、真摯にアドバイスをくれるチームメンバーもいます。これから、様々なクライアントと出会い、様々なメンバーと知り合い、様々なプロジェクトを通じて、対社外・対社内ともに信頼を得られるようなコンサルタントを目指していきます。

社員紹介一覧へ
PAGE TOP