松本 拓磨
Takuma Matsumoto

新卒採用リクルーター

京都大学 経済学部を卒業後、2014年度入社。
人材開発部 新卒採用担当として採用計画の策定から実務遂行までの採用業務全般を担う。主にリクルーターとして採用プロモーション活動に従事。

ベイカレントの入社の決め手は、「社員の厳しくも温かい人柄」です。コンサルタントは良く言えば論理的でスマート、悪く言えば淡々として冷たいイメージを持っていました。
確かに圧倒的な思考スピードとロジカルさは魅力的に感じていました。しかし一方で学生当初、京都のフレンチレストランでアルバイトをしていた際に、お客様との何気ない会話のやりとりも好きでやりがいを感じていました。そんな私には向いていない職業かも知れないと思っていました。大学3年生の夏のインターンシップで、ベイカレントのプログラムに参加しました。この時、これまでのコンサルタントのイメージが一新されました。
クライアント様と協力しながら事業実現するためには、論理性だけでなく人を巻き込む力が必要だと言うことを学びました。業界や知識を深めていくひたむきさや、日々のクライアント様へのさりげない気遣い。そうした一つ一つが信頼につながり、プロジェクトを成功に導くことができると教えてくれました。インターンシップを通じて本気になって指導してくださったり、懇親会では人間味溢れる仕事の醍醐味を語ってくださったコンサルタントがいたからこそ、今の私がいると思います。

私は現在では主に、新卒採用のプロモーション活動の全般を担っています。これまで選考を受ける学生の立場でしたが、アサイン後はすぐに採用計画の立案から詳細の検討まで幅広い実務を担うようになりました。
最初は戸惑いもあり、細かいミスをしては改善の目途が立たず悩んだことは多々あります。しかし執行役員や採用責任者など経営幹部が、いつも近くで親身になってアドバイスをしてくれます。ふとした時に、社員の自分と経営幹部との身近な距離感を実感します。
思い返せば、執行役員や採用責任者は、インターンシップ時にメンターとしてグループの指導をしていた方々です。第一線で活躍し、業界内では異例のスピードで昇進してきたコンサルタントでした。常に要求レベルも高く仕事において一切の妥協はありません。
しかし一方で「新卒に一番近い存在だからこそ出来ること、思いつくことがきっとたくさんあるはず。今までのやり方すべてを壊してもらって構わない。困ったらいつでも相談しておいで。」と期待の言葉をかけてくれます。

新卒採用においても他社を凌駕する想いを持って臨むからこそ、同じ意志を持った新卒の方々に毎年多く入社していただけているのだと感じています。そして、ベイカレントのコンサルタント一人一人がその熱量を持ってクライアントのご支援をしているからこそ会社として成長を遂げていると確信しています。今後も「社員の成長が企業の成長に直結する」という考えを根底に置きつつ、これから参画してくる若手人材を、今度は自分が育てていきたいと思っています。

コンサルタント一覧へ
PAGE TOP