尾花 政篤
Masashige Obana

コンサルタント

東京大学 経済学部を卒業後、2013年度
入社。
金融、メディア、ITサービス業界において、マーケティング戦略からリスクマネジメントまで多岐にわたるビジネス課題を中心に従事。

私が就職活動を始めた際に考えていたのは、「企業の名前やブランドに頼るのではなく、一個人として、誰からも認められる市場価値の高い人材でありたい」ということでした。個々の市場価値を高めるために必要な環境があり、優秀なコンサルタントが集まっていると最も強く感じたのがベイカレントでした。

入社して研修を受けてからは一領域に限定することなく、戦略から業務、ITと幅広いテーマのプロジェクトに従事しました。
また、業界についても国内大手電気メーカーといったハイテク企業や外資系生命保険会社といった生損業界等様々な業界のクライアントに対してご支援をしています。

アサインされたプロジェクトでは、業界・テーマに関するスピーディーなキャッチアップを毎回求められます。また、机上の空論で終わることなく、施策が実現するまで粘り強く支援していくことが求められます。このような常に高いパフォーマンスを期待される、刺激のある環境で仕事ができています。

これまで複数のプロジェクトを経験し、最も強く感じたのは先輩コンサルタントの存在の大きさです。初プロジェクトでは資料作成一つでも先輩コンサルタントが手厚くサポートしてくれました。仕事を自力で進められるようになるにつれ、自ら手を挙げさえすれば、より裁量の大きい仕事にチャレンジする機会を与えてくれます。私自身、目の前のプロジェクトを推進する傍ら若手ながら社内研修の企画や新規のプロジェクト提案を担当させてもらいました。その過程においても先輩コンサルタントは常にサポートしてくれました。高難易度のタスクを任せてくれる、そして完遂するまで徹底的に付き合ってくれる先輩コンサルタントがいつもいました。そこに、新卒を大事にする「ベイカレントらしさ」を日々実感しています。

優秀なコンサルタントと共働し、困難な仕事に挑戦し続けることで私の望むキャリアパスを実現できると実感しています。今後は個人に留まらず、クライアントのご支援を通じてベイカレントのプレゼンスを上げていくことに注力していきたいと考えています。

コンサルタント一覧へ
PAGE TOP