日本を取り巻く課題はますます深刻化していくことが予想されており、2030年には人口の1/3近くが65歳以上の超高齢化社会をむかえ、GDPはインドに抜かれ世界4位に後退すると言われています。さらに2050年には人口が1億人を割り、GDPも世界8位まで落ち込むとの見解もあります。一方で、AIやIoTなどといったデジタルテクノロジーの急速な発展により、数々のイノベーションが生まれているのも事実です。

こうした流れの中で、日本企業は持続的な成長を実現するために、業界横断でのビジネスモデルの構築やソーシャルイノベーションの実現、グローバルでの競争力強化やM&Aによる事業拡大、デジタルトランスフォーメーションといったチャレンジを続ける一方で、日本の生産力低下に備えたワークスタイル改革なども必要不可欠な取り組みとなっています。

ベイカレント・コンサルティングは、あらゆる業界への総合的な課題解決を通じて培った知見・示唆、ネットワークの活用はもちろん、我々自身が日本企業だからこそ理解できる価値観や文化を織り込んだコンサルティングサービスの提供により、クライアント企業の成長に貢献することを使命としています。

今後、より一層ビジネス環境が複雑化・高度化していく中で、我々もこうした時代の変化・進化に柔軟に対応できる人材の育成に努め、クライアント企業のベストパートナーとしてあり続ける為、精進してまいります。
代表取締役社長
阿部 義之
PAGE TOP